雑記

「誰よりも素直に生きてやろう」と思った話。

 

 

なんやかんやで『自分のため』って思った方が動けるんですよね。

 

 

『周りのため』って思うと、私自身が何をしたかったのかがわからなくなりました。

どういうことをしたら私が楽しんで、人生楽しんで生きていけるのかわからなくなりました。

 

 

 

私が一度、人生辞めたくなって、

どうしようもなくなった時、

復活したきっかけは「私」のために生きよう!と決意した時。

 

 

私がしんどくならないように。

私が辛くならないように。

私が悲しまないように。

私が笑っていられるように。

私が喜んでいられるように。

 

「私のため」って最強の原動力やなって思いました。

 

 

 

ただ、私の場合、

「私」の中には

「私」だけじゃなくて「周りの人」「周りの環境」がベーシックに含まれています。

「私」がゲシュタルト崩壊・・・

 

 

ベン図みたいな感じです。

 

私が楽しくても、友達が辛いなら相談に乗ってあげたい。

私が嬉しくても、家族が悲しいなら分かちってあげたい。

周りの人の笑顔が「私が生きて行くのに必要」ってなっていました。

 

 

この考え方で世渡りしてきたので、

摂理に来てもその考え方は変わらなかったようです(笑)

 

「私なんかどうでも良くて、神様のために生きるんだ~!」って思っていたけど、どうやら違うようでした。

 

「私」の中に「神様」もいたのでした。

「私」のために「神様」のために 生きてやります。笑

 

 

 

だから、私は「私」のために

摂理が神様の御言葉通りに、

愛と喜びとで溢れることを願いますし、

そういう風に摂理を作っていきたいなって思いました。

 

 

 

メンバーも

家族も

メンバーじゃない友達も

職場の人たちも

その日瞬間すれ違った風景のように見える人たちも

もちろん私を最高に愛してくださる神様も

全部含めて「私」なんだなあ。

 

って思ったそんな日でした。