音楽

アニメ「古木」 BGM制作秘話①

 

まずはこちらの動画をどうぞ。

 

 

このリンクを貼った瞬間にもう一度動画を見直しました。

久しぶりに見た。笑

制作中はずっと見ているから何が何だかわからなくなるんですよね。

改めて見ると・・・良いな!!!これ!!!(自画自賛)

みんなの試行錯誤と努力の結果が見える!!最高!!!

 

 

 

私が参加したきっかけを振り返りましたが、長すぎて書けねえや。

 

元々BS(バイブルスタディー)アニメが公開されていて。

例えばこんなのとか。

こんなのとか。

かなりわかりやすいから一度見てみよう!!⬆︎

 

 

以前からBSアニメを見ていた私は、

「私も動画制作関わりたーい!いいないいなー」

と、思いっきり憧れていました。笑

 

MiK氏のいる教会が新しくなったときに運よく訪問し

そこで<作詞作曲:神戸メンバー、編曲:でんでん>の賛美を捧げ、

映像製作していたLily氏の目に止まり、

あれよあれよという間に話が舞い込んできました。

 

 

ぶっちゃけた話、音源編集(切り貼りMix)はできるけど

アニメのBGM・映像のBGM製作したことなかった。

なんなら「創作したーい!」って言ってるだけだった。

 

こんな技術レベルだったけれど、

MiK氏からお話頂いた時は

『やります!!』

と即答したなあ。笑

 

またとない機会だと思っちゃったから

ちょっと自分の実力を盛ってしまいました。

完成したから良し!!!笑

時には自分を大きく見せることも大切だと学んだ瞬間。

そんなこんなで製作チームに入らせてもらいました。

 

 

 

 

改めて思い返して見ると、

個人的に一番悩んだのは

生演奏 or 打ち込み

 

 

アニメのBGMはセリフと共に連動させたくて

話し方の緩急や心情のアップダウンにどうしても合わせたくて

生演奏がいいけれど自分そこまで表現技術ないぞ・・・。

でも打ち込みだと音が単調になるしな・・・。

「神様、やっべーーーーーっすよ。これ。どうします?」

と実は一人で悩んでいました。笑

 

 

最終的には、

「表現する技術を磨きながら弾くところまで到達できない!」となり、

打ち込みかつ演奏しているっぽく聞こえるように作ることを決意。

 

 

 

ここからは自己満足も兼ねて、

打ち込みデータを載せながら各シーンを振り返ります。

自己満です(2回目)。

使用しているソフトはLogic Pro X です。

Macとこのソフトのために

社会人1年目の冬のボーナスを全投資したのが懐かしい!

 

 

はい!まずは・・・

全体をどーん!!!

使ってないトラック何個かある・・・笑

音すら設定していないトラックが下に3つもある・・・笑

 

 

 

ちなみにどれがどのシーンかというと

シーンが前後していますが、『製作していった順』です。

 

 

 

もうね、

<先生の神様に対する愛>とか、

<神様の愛>とか、

<先生のお母さんの感情>とかね、

わかるんだけど、わかるんだけど、

どうやって表現すりゃええねん

ってなっていました。

 

 

ひとまず頭から作ろうと思うも、音と物語が乖離している。

 

私がこの話を読んで感じた、

先生・お母さん・ポンソク牧師・神様の心情と

自分の作る音が乖離している。

まあまあな絶望感との葛藤がありました。。。笑

 

 

そしてとりあえず作って見てあげて見るも

仮音源にコメントがくるのはやはり「心情」の部分。笑

⬆︎これMiK姉さんからのコメント。本当は倍あるけど省略。笑

いやあ、でも自分でも納得できないまま共有していたから

言ってくれて本当に良かったわ。まじで。

妥協がないメンバーで本当によかったと思った瞬間。

 

 

それから試行錯誤してやっと出来上がったBGM。

やっぱり一番大事なのは委ねることでした。

このエピソードを通しての心情を、

温かくもあり切なくもある、そんなBGMを、

心情深い聖霊様が表現するならどうしたらいいか。

って思っていたらやっぱりみんなからヒントもらえるんですよね。

 

上:MiK姉さんのコメントを引用した麦わら姉さんの発言

下:そのあとのMiK姉さんの発言

画面上はややこしいけど。笑

 

 

そーか!!あの国民的アニメのジブリか!!!

特徴を調べたらセブンスコードが多い!OK!!参考にしよう!

・・・とか一人でなっていました。

 

 

あまりにも長くなったので、

次回に続きます。笑