教会と信仰のあれこれ

≪詩≫ 昇龍

(2020年9月6日追記)
以前書いていたブログの記事を引っ張ってきてみました。2020年以降の記事がこのブログに移行してきてからの記事です。昔の文章はテイストが違うなと思うので見比べてみてください。笑

メンバーが書いた詩です🖌

雨よ。

今はやんでいるのか。

しかし、また降るのだろう。

構わない。

降りたければ、降ればいい。

お前がいくら降ろうと

私の足は止まらない。

行くべき道を知っているのだから。

ああ、道を塞ごうと、

土砂降りになるのだな。

お前が濁流となり

私をのみこんだとしても

勝利したなどと

思わない方がいい。

濁流をかき分け

私は昇る。

目に物を見せてくれよう。

私は必ずそこに行く。

お前は恐れるがいい。

必ず来るその未来を。

そうだ。

私はすでに

お前に勝利した。

作者 しずく

OLやってます

ABOUT ME
denden
神様の次に音楽を愛するキリスト教福音宣教会の関西人(関西学院大学卒・神戸教会所属)。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深め。座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。感じること・考えたこと・思ったことをそのまま残しています。 シンガーソングライターへの道を目指し始めたバンドが大好きな聖歌隊長でもあります!