雑記

言葉よりも実践だ。

(2020年8月21日追記)
以前書いていたブログの記事を引っ張ってきてみました。2020年以降の記事がこのブログに移行してきてからの記事です。昔の文章はテイストが違うなと思うので見比べてみてください。笑

イメージでどれだけうまく描けたものでも

現実にうまく表せなければ消えていきます。

私は構想とかイメージが

比較的ポンポン浮かんでくるタイプで

メモしたりすぐにやってしまわないと

一瞬で忘れていきます。笑

(そんで「忘れるぐらいなら大したことないや」とか言っちゃう感じです。笑)

やりたいことのイメージを描くのも得意です。

何が必要かも全てイメージで確認します。

考えの中ではできているのですが、

いざ現実世界に表してみようと考えると、

かなりの難しさ。激ムズ。

だから、

実践が大きい

です。

実践をしたらこの地上に刻まれます。

いいこと、悪いこと、

していいこと、やっちゃいけないこと

たくさんありますが、どれも行えば人生に刻まれます。

大事なのはどういう行いを刻んで行くのか。

流されながら生きて何も刻まずに終わるのか。

その辺は自由です。笑

脳に考えが、記憶が、生き様が刻まれるのです!!

そして自分の行いが自分の生活に刻まれたら

なかなか消えてくれません。

癖になる場合もあります。

トラウマになる場合もあります。

一生誇れる経験になる場合もあります。

だから、何を刻むのか。

彫刻も刻んで作って行くように

私たちの人生も行いで削って削って

どういう作品を作るのかが大事です。

どうせならみんな

自分を最高に作れば良いんですよ!!!

摂理なら作れます。

神様視点での「最高」が何かわかるからね!!

最強の「最高」ですよ!!最強の神様がおっしゃるから!!

「言葉より実践だ。』

誰よりも神様がそうされています!!

御言葉で話される以上に行なわれていらっしゃいます!

まず宇宙地球作るところから始めてるからね!!

相当なたゆまぬ努力と希望がないとできませんね!!

だからそんな神様の考えをを受けて、

鄭明析牧師も毎日そうやって

全力で御言葉を行なわれるんだ、と気付きました。

言葉より、実践。

どうせ生きるなら生き様を刻む、

泥臭いけどかっこいい人になりたいです。

ABOUT ME
denden
denden
神様の次に音楽を愛する関西人。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深い(と思いたい)。 座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。 人生を生きる中で辛かったあの頃の私に、「神様ってすごいんやで!」と伝える自叙伝『小心者、神様に出会う』シリーズをゆるりと更新中。