教会と信仰のあれこれ

≪詩≫ ありがとう 2

(2020年9月6日追記)
以前書いていたブログの記事を引っ張ってきてみました。2020年以降の記事がこのブログに移行してきてからの記事です。昔の文章はテイストが違うなと思うので見比べてみてください。笑

メンバーが書いた詩です🖌

人間の塔  

いくら水をやっても

吸収しては蒸発する根のない砂のようだ

知識も

高慢という高く積み上げられた砂の塔

流砂によって崩壊し

飲み込まれた

日を恋う雲より高く

地の果て海より深く

胸の奥にひしめく

熱い鼓動は

どこから来るのか

幼い頃に見た夢

記憶の奥 遠く

秋風散る葉の如く

忘れ消えかけていた

想い出して

ああ 風が頬を撫でた時を

閉じ込めた想いを

忘れていた

ありがとう

作者 素

歩きながら詩を考える趣味活動のファイナンシャル社会人

ABOUT ME
denden
denden
神様の次に音楽を愛する関西人。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深い(と思いたい)。 座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。 人生を生きる中で辛かったあの頃の私に、「神様ってすごいんやで!」と伝える自叙伝『小心者、神様に出会う』シリーズをゆるりと更新中。