雑記

超、超、超久しぶりに夢を覚えているそんな日。

夢覚えられない系新婦、でんでんです。
久しぶりに夢を始めから最後まで覚えていました。

夢の中の私、貯金額がなんと3億9千万円。笑

お金持ちやん!!

1億円の指輪をカード切って買おうとしていました。
カード切れるんかな・・・?
そもそも1億円の指輪って存在してるんか・・・?

\あったわ/

送料取るんかーい🤚

すっげえキラキラしてるな。画像からも伝わる💎✨
ゴージャス!!!

その1億円の指輪を巡る急展開な夢だったんですよ。

ぶーーーん

母親と弟で旅行に行くときに宝石店に寄ったんですよ(おとんどこ行ったんだ)。
ほんで店内にある1億円の指輪を「良い」と思って、夢の中の私はその場でカードを切ったんですよ。で、結構満足してたんですよ。
でもね、弟に冷めた目で「アホちゃう?」って言われてハッとしたんです。笑

あっちょんぶりけー!

そういえば店員さんオススメはするけれど1度も私に着用を勧めたりしなかった。私が興味示して買えそうってわかったから、早く買ってもらおうと勧めてきてたな・・・🤔???

本当に私のこと考えてくれてたか?
「売り上げ上がれば良い」って考えだったようなのが透けて見えたのです。

「ただ売れば良いと思ってたのか…!
満足感と幸福感がないやんか…!」

なんか、<私という人間>を蔑ろにされている気がしました。

私はちょっと怒った・・・!

そこで私は一大決心。
店内に戻ってスタッフさんに突撃。

「すみません、先程購入したジュエリーですが…」

ちょっと後ろめたそうな顔をするスタッフさん。畳みかける私。

えっと・・・

「あの、さっきの指輪、おすすめはするけれど1回も私に試させてくれなかったんですよね。本当に私のこと考えてくれてましたか?売上が上がれば良いっていうのが透けて見えたので、正直キャンセルしたいんです。今ならまだ間に合いますよね?商品も手元に届いてないですし。すみません、納得いかないのでキャンセルさせてください」みたいな感じで言う。

接客してくれた店員さんもわかっていたのかボロ泣きしながら「ですよね。すみません」みたいな感じで謝ってくれて、キャンセル処理してくれました。

すっきりして店内から出て夢は終了。

こんな夢でした。笑
夢はその人に必要なメッセージを与えてくださったり、普段考えていることが実相になっているので、これはほんまに私向けの夢ですが私的には面白かったので記録。


現実世界がうまく夢の設定に反映されていて、「あー、なるほどお。あの状況はこういう現象なのか」と思うこともたくさんありました。
そのあとにウロコ友達に話したときに深い話になってさらに解けた。信仰の友はありがたい。それぞれのジャンルで深く話せる友達がいるのはありがたい。

ABOUT ME
denden
denden
神様の次に音楽を愛する関西人。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深い(と思いたい)。 座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。 人生を生きる中で辛かったあの頃の私に、「神様ってすごいんやで!」と伝える自叙伝『小心者、神様に出会う』シリーズをゆるりと更新中。