雑記

「ジェンダー問題」の解決の一歩は「主語」を変えること

だと思ったんですよね。

 

 

今日は珍しくラジオを聴きながら外回りをしていましてね。

国会中継を聞いていたんですよ。

いろんな問題について質問したり答弁したり提案したり・・・。

初めてちゃんと聞いたかも、と思いました。

政治に興味なさすぎたことを反省する昨今です…。

 

 

で、途中でジェンダーの話になったんですよね。

具体的に言うと、『男女平等の社会』について。

首相に対して質問を投げかけている方の言葉が耳に残りまして。

 

 

 

「男女が平等な・・・」

という発言のほんとうに最初の部分。

 

 

 

この時点で

『あ、日本はまだジェンダー格差がなくならないな』

と思いました。

 

 

なぜかというと、

「男」、「女」と主語の時点で2つに分けてしまっているんですよ。

「男」と「女」。

対の存在だから違うところがたくさんありますよね。

平等と言っているのに「男」と「女」という2つの立場から抜け出せていないので、比べるしかないんですよ。

 

 

 

 

私はこう思います。

 

ジェンダー平等を語るなら、主語は『人間』であるべきだ

と。

そうしたら男も女も関係なく同じ存在としてみなせるでしょう。

 

 

 

神様が教えてくださいました。

神様の前では私たちは「愛すべき一人の人間」です。

「男」であろうが「女」であろうが、LGBTQIA+であろうが、神様の前では「愛すべき一人の人間」です。

 

 

神様の目線で自分も他人も見れることが真の平等だと、CGMで御言葉を学べたからそう感じます。ええ。

早くもっと根本の「人間」について、全世界の人が知ることができますように。

一発でジェンダーの問題が解決する確信があるよ。