雑記

生活に使える「かもしれない運転」

今日、先生のお誕生日なんですよね。おめでとうございます!

先生は聖書を忠実に読みながら、神様についてはっきり・しっかり・何度も・改めて・新しく伝えてくださるので本当に感謝でしかないです。

 

ほんで、「おめでとーございます!」って帰り道に祝ってたら、神様に感謝したくなったんですよね。

「先生に出会わせてくださってありがとうございます〜!」

「おかげで神様信じて生きるようになりました〜!」

「人生の大目的もわかって私の人生を設計することができています〜!感謝します〜!」

こうなると賛美がしたくなるのです。私は。

 

 

賛美って「ありがとうの歌」「愛していますの歌」「頑張りますの歌」「疲れました助けてくださいの歌」みたいな感じで、神様に対する『歌うお祈り』のことなんですけれどね。

賛美をするときに私が『これ楽しい!』って方法を聖霊様が私に感動で教えてくださっていて。

 

 

かもしれない運転ならぬ、

かもしれない賛美。

 

 

 

普通に歌うことって楽しいじゃないですか。

何か好きな曲を1曲思い浮かべてくださいよ。

その曲をちょっと口ずさみながら考えてみてください。

 

 

 

今、家の中だけれど、神様が目の前に本当にいらっしゃるかもしれない。

 

 

どうですか?歌い方変わりません?

神様見えないですけれど、感じるんですよ。考えて、感じろ。ってやつです。

私はめっちゃ歌い方が変わります。表情も変わります。

本当に声から変わります。

思いを届けたい存在が近くにいると歌い方が変わります。

 

 

 

 

こんな感じで「かもしれない運転」って応用効くんですよ。

安全運転のためだけに使うだけじゃもったいないぐらいに。

例えば今オンラインで礼拝守っていますけれど、考えてみてください。

 

 

礼拝会場の特等席に座っているかもしれない。

神様の目の前で御言葉を聞いている状態なのかもしれない。

 

 

多分、礼拝の守る姿勢が変わります。多分。

少なくとも私は”現地にいる感覚”になっています。

 

想像力の有効活用なのかもしれません。

考えたら”脳内の私”はその場にいますからね!!笑

お金もかけずに現地に行った感覚になるからラッキー!

行ったもんがちですよこんなもん!笑

 

 

 

いつ何時、何処にいても何をしていたとしても、生活の中で使えます。

魔法のように現状が変わるかもしれない「かもしれない賛美」「かもしれない礼拝」「かもしれない〇〇」。

私はこれでかなり楽しく信仰生活させていただいています!

神様、ありがとうございます〜!!!

ABOUT ME
denden
denden
神様の次に音楽を愛する関西人。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深い(と思いたい)。 座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。 人生を生きる中で辛かったあの頃の私に、「神様ってすごいんやで!」と伝える自叙伝『小心者、神様に出会う』シリーズをゆるりと更新中。