雑記

「タカコさん」と別居したい

突然ですが、私の同居人の1人を紹介します。

 

はい。私の脳内で仲良くしている「ハードル・タカコさん」です。

「タカコさん」の愛称で親しまれ(?)、今一番私の脳内で注目を浴びている存在です。

 

 

このタカコさんと別居したくて悩んでおります。

 

なぜなら、タカコさん。

頑張りを認めてくれないし、認めさせてくれないんです。

 

 

私にとって「これはめっちゃ頑張った・・・!」と思うことに対して、『そんだけしかできないんだ』とか言ってくる。

例えば最近筋トレしていますが、その時にも現れます。

腹筋100回、背筋100回、スクワット100回をやったとしましょう。

昨日の私はそんなことやってなかったんです。かなりの大健闘でしょう。

「すごーい!10回ずつでもいいのに100回も!ちゃんと筋肉に効く回数までやったんだね!」と言ってあげるべきところ。

でもタカコさんは『他の筋トレしている人はもっとやっているから』と言ってくるのです。

そして私も「そっか・・・全然できていなかったのか・・・」と思うようになる。

 

 

「えー!神様、こんなに嬉しくていいんですか!感謝ー!」と思うことに対して、『いや、そんなんで祝福受けたらいけないから』とか言ってくる。

例えば仕事を頑張った結果、それに見合った報酬(受注なり話が進んだり方針がまとまったり)を得ることってあるじゃないですか。

でもタカコさんは『あなた目指しているのもっと上だよね。そんなところで満足しててどうするの?』と言ってくるのです。

そして私も「そっか・・・こんなんで喜んでちゃいけないか・・・・」と思うようになる。

 

 

それで、「まだまだ」「もっともっと」と思うようになる。

タカコさんは『いけいけ!お前なんかまだまだだぞ!』と煽ってくる。

 

 

まじで私の脳内から出て行ってくれないかなタカコさん。

 

自分なりに原因を考えましたが、『理想が高いこと』と『小さなことに感謝できないこと』だなという結論にたどり着きました。

 

 

理想の自分と現在の自分を比べて『まだまだだ』って思うことは向上心を持つ上で大事なんですけれど、理想が高すぎると苦痛でしかないんですよね。

酸素のない山を爆走している感じ。呼吸したい。

神様の御言葉聞いてると「理想の自分になれる!」って本気で思えるヒントがたくさんあって、つい高いハードルを自分で敷いてしまうんですよ。

 

 

だから小さいことができても感謝もできない、褒めることもできない。

自分の頑張りを自分は認められない。

神様が喜んでくださる「小さな成長」を自分が喜べない。

 

 

そんな脳内にタカコさんは堂々と現れる。

そしてより高いハードルを突きつけて越えることを急かす。

 

 

ほんまタカコさんどうにかしたいわ。

別居したい対象に「さん」をつけるのもどうかと思ってきた。つけるけど。

 

 

 

自分の考えとタカコさんのいらないコンビ技によって作られた「たっかいハードル」を低くして楽しくハードル越えするのが当面の目標です。

そしたらきっと脳内からタカコさんはいなくなるでしょう。。。笑

ABOUT ME
denden
denden
神様の次に音楽を愛する関西人。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深い(と思いたい)。 座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。 人生を生きる中で辛かったあの頃の私に、「神様ってすごいんやで!」と伝える自叙伝『小心者、神様に出会う』シリーズをゆるりと更新中。