雑記

眼瞼下垂じゃなくて「まぶたの脂肪」と戦う

 

前回の記事:「眼瞼下垂」と戦う

以前、『まぶたが重い。なぜだ。病気か。なぜだ』という記事を書きましたが、進捗があったので記録しておきます。

 

まぶたが思う様に上がらない。

目が開かない。重い。なぜだ。

眼瞼下垂じゃないか!?ま、まさかそんなこと・・・!

と思って焦っていたので、あれから色々調べたり色々やってみました。

 

 

そして判明しました。

単に脂肪が乗っていたということを・・・😂

 

 

 

温冷浴をしてもちょっとすっきりしただけ。

目の乾燥もさせないように、

まぶたも刺激しないようにしようと思って目を大事に大事に扱っていた。

 

 

だけれども違った。

単に太っていたからだ。まぶたが。

なんで判明したかというと、インスタでたまたま見た<二重作りマッサージ>を3日ぐらいやっただけで目が開いてきたからです。

 

 

目の周りの筋肉が衰えて脂肪がついてきていたから目が開かなかったのでした。

なんじゃそりゃ。いや、でもわかってよかった。

 

 

ちなみにこのマッサージしたところ、血流も良くなり、

目の周りの黒クマがなくなってきました。

すごい。

まぶたのことどうにかしたくて検索するうちにクマについても調べていたんですが、

「血流良くするとかどうすんねん」って思っていたんですよ。

なんとなくやった二重作りマッサージのおかげで、目が開かない問題もクマの問題も解決してしまいそうだ。

 

 

ちょっと調べただけで「え!?眼瞼下垂!?」と思い込んだら心配で仕方なかったのですが、正しく現状を把握すると一気に心配がなくなりました。

『こうやればいいんだ』ってわかったので。

私の場合は他のこと実践したら現状が判明しただけなので、「1つだけ見るのではなくて2つ3つ見ないといけない」という御言葉を『実践したな!』とは微塵にも思えません😂

でも悩んでいたのを覚えてくださって回り道で原因究明と解決の両方ができるようになったよー!やったよー!

 

 

今、在宅勤務でいろんなことしながら仕事できるので、筋トレ(というか体幹)しつつ、小顔マッサージしつつ、ランニングしつつ、創作活動楽しもうと思っています🙌

ABOUT ME
denden
denden
神様の次に音楽を愛する関西人。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深い(と思いたい)。 座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。 人生を生きる中で辛かったあの頃の私に、「神様ってすごいんやで!」と伝える自叙伝『小心者、神様に出会う』シリーズをゆるりと更新中。