教会と信仰のあれこれ

【定期】信仰生活を爆走する前に、過去のあれこれを解く第一歩は踏んでおいたほうがいい【持論】

『1つだけを考えると躓く』『2つ以上を考えてこそ上手くいく』
↑これ、良く聞きますね!今週の御言葉の主題は「伝道しなさい」なんですけれど、伝道だけ考えちゃうとまじで躓くか転ぶ。(なったことある)

今週の御言葉の要約です!

◎<伝道と証>と同じくらい重要なことが<管理>です。<伝道と証>と<管理>は「一対」でもあります。

2016年6月19日主日礼拝『失った人を探してきなさい。私の命たちを連れてきなさい。自己管理、命管理、もらったものの管理だ。』 より

これ、本当!本当に大事だから!
↑の御言葉を読むと、「御言葉を聞き始めたの子の信仰管理」って受け取りがちやけど、対象はそこだけちゃうねん。違うねん。自分の管理ができてこそ!自分がすっきり神様の御言葉どおり、つまりはまあ神様の世界観ですよね。その感覚で生きれるようになってこそなんですよね。
これを怠って伝道したり使命をすると、はじめはいいんですけど途中でエンジン切れちゃうねん(なったことある)

自分の状況を他人と比べず、御言葉に沿って自分で自分を正確に把握すること。そして祈って神様に告げて新しくしていくこと。これ超大事。

結局は、2世(キリスト教福音宣教会の夫婦から生まれた子ども)でも伝道されてきた人でも、自分が御言葉を受け入れなければなりません。主を受け入れなければなりません。自分が受け入れて認めてその御言葉を実践する時に、本当に「伝道された」と言うことができます。そうでしょう?

2世でも、自分が学ばないで受け入れることをしないならば、結局、それは伝道されたことになりません。自分の道に行ってしまいます。だから、まずは伝道、誰かを伝道する前に自分自身を伝道しなければなりません。自分の伝道が先になされてこそ、他の人も伝道することができます。そのようにして他の命も導くためには、自分が伝道されなければなりません。

2021年6月27日 SuperStar(中高校生)礼拝「伝道しなさい」より

『神様に出会ったら全ての問題解決!フリーダーム!薔薇色の生活〜!』ではないんだな。残念ながら。努力のない奇跡は神様の法則にはないということを学んだ。ただし『生きる意味』は学べば頭では認識できる。生きてて良かったまじで!って本当に思える。それを完全に自分のものにして発展させていくかは努力次第。そして発展させても個性によって実のつき方が異なる=人の数だけ人生の発展があるので「この人はいい」「この人はダメだ」とかは全くない。みんな違ってみんないい。誰でもやった分、得れるから本当の意味で公平だと思う。頑張ろう、私たち。

神様の全知全能さは<びっくりイリュージョン!>というのではなく、<理にかなった法則に則ってる結果>なんですよね。マタイによる福音書17章24〜27節を基にしたペテロのバイブルスタディ聞いたらよくわかると思います。地に足着いてて超楽しいよ。通常30分前後で聞く講義ですが、こちらのBSアニメなら8分30秒で概要がわかっちゃう!おすすめ!

(もっと深く理解されたい方はぜひキリスト教福音宣教会のバイブルスタディを学んでみてくださいな!まじ謎解けるからおすすめ!)

地に足つけよう。

「伝道されて、神様にあって嬉しい!御言葉についていきます!」ってなるのはいいんだ。とてもいい心意気なんだ。でもね、神様を知らない今までの人生で作ってきちゃった認識感や考え方があるじゃん?伝道されたて、礼拝にデビューしたての時ってそういう<人間基準での「良い」>が染み付いてるんだよねまだ。もちろん御言葉と一緒じゃんみたいな常識もあるの。でも「社会常識かもだけど理不尽じゃね?」って思うところいっぱいあるじゃん?親子関係とか会社とか人付き合いとか、少なくとも私はたくさんギャップを感じた。

神様の世界ってすっげえあなた1人を大切に愛してくださるしあったかいんだけれど、<神様を信じていなかった時の常識>に邪魔されてうまく感じられないんだよね。

これをね、解ききるのは時間かかるのよ。だから解いてから伝道ってのは現実的じゃない。じゃあどのラインならいいのか。これなら悟っていけそうっていう自分を解く土台を作って、解きながら伝道していこうね』って話なんですよ。間違った感覚で伝道に走るんじゃなくて、自己管理。神様の感覚に合わせていくことも自己管理であり伝道。これが言いたかった。

自分の考えの中心と行ないが間違っている時は、教会の中で、摂理史の中で時間を使っても、間違っているのです。だからその時は自分が御言葉を聞いて自己管理をしなければなりません。自分の細かいところは管理者も分かりません。自分が自分自身について一番よく感じて分かります。

2012年1月1日主日礼拝「主と管理、伝道 」より

ABOUT ME
denden
神様の次に音楽を愛するキリスト教福音宣教会の関西人(関西学院大学卒・神戸教会所属)。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深め。座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。感じること・考えたこと・思ったことをそのまま残しています。 シンガーソングライターへの道を目指し始めたバンドが大好きな聖歌隊長でもあります!