教会と信仰のあれこれ

「気づいた人が使命者」の使用法と注意点

(2020年9月6日追記)
以前書いていたブログの記事を引っ張ってきてみました。2020年以降の記事がこのブログに移行してきてからの記事です。昔の文章はテイストが違うなと思うので見比べてみてください。笑

キリスト教福音宣教会で宗教生活をしていたらよく聞く

「気づいた人が使命者」

と、いう言葉。

礼拝デビューから1年もすれば

誰でも1回は聞くであろうこの言葉。

めちゃめちゃ噛み砕くと、

気づいた人が自信持ってやったらいいよ!

って意味ですが、

一緒に旅行してるお姉さんと話してたら

この言葉に挟む意外な落とし穴を

発見してしまったので記録しています。

この言葉、用法と容量を守って

正しくお使いください☆

<使用法>

「教会がもっとよくなるために、

こんなことできたらいいかも!」

「こういうことしたら

もっと楽しめそうだ!」

「これできたら絶対面白い!」

……様々なきっかけがあって

聖霊様が感動という名のひらめきを

ビビッ!と与えてくださる時があります。

こういう発想をしている時は総じて

「おー!私できるできる!」

「早くやらないと忘れちゃう!」

「気持ちが冷める前にやってしまおう!」

となっています。

気づいた人が使命者です。
あなたは気づいた瞬間から
神様からの特命ミッションの使命者になります。
靴箱のスリッパを入れる向きを揃えることから
礼拝前の雰囲気づくり
私生活充実度向上 何から何まで
あなたが気付けた分動かしていいのです。
<注意点>

あなたが受けた感動を

「これはすごい!絶対みんなにも必要だ!」

と思って周りの人に興奮気味に伝えた時、

「わーすごい!気づいた人が使命者だもんね」

「よっ!使命者!」

と軽〜く言われてしまうことがあります。

この一言により、

「何故だ…!教会の中でも

一番共感してくれそうな人を選んで

話したのに…!」

と、やる気が一気に消沈してしまう事態に

陥ってしまう場合があります。私が良くあるだけかもしれん(笑)

ですが、よく考えてください。

もし仮に自分がそう言われたとして

どう反応するのかを。

①「それ乗った!」と思う

提案された案が

「めっちゃいいじゃん!」

「私もやりたいと思ってた!」

と思うような場合、

「気づいた人が使命者だ」

という言葉を積極的に言いません。

言っても枕詞のように使います。

そして始まるのは

実現に向けての具体的な話です。

「おんなじこと考えてた人が!」

という喜びのあまり、

ボルテージが上がることでしょう。

②感動がない。

「気づいた人が使命者だね」

って言うのはこのパターン。

「たしかに必要とは思う!

できたらいいと思う!

でも!でも!

物理的に、精神的に

私が関わる分野じゃない!」

って思った時に

出てくる言葉だと思っています。

こういうパターンの場合、

諦めるんじゃなくって、

『各自の位置があるから、

この人には感動がないだけか。

なるほど。

私はこの人なら協力してくれる

って思ったんだけどなあー

神様は他の人とやってほしかったのか

もしくは私1人でやればよかったのか

私の考えと神様の考えは

やっぱり違うんだな〜』

と、

ゆるゆる考えとけばOKです。

<まとめ>

何が言いたいかというと、

「気づいた人が使命者だ」

って言葉は、

その時の環境と状況に照らし合わせて

自分に都合よく捉えたらいいと思います!

そんで、

「感動があるけど

自分だけでは不安だ…!」

って思いながら言ってみたら

②のように冷たく(?)言われた時!

その時は素直に

『手伝ってほしいんです』

って言いましょう!

じゃないと自分だけが

無駄に勇気を振り絞ったのに

ダメージを受けて終わるという

悲しい結末になってしまうので…!

ABOUT ME
denden
denden
神様の次に音楽を愛する関西人。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深い(と思いたい)。 座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。 人生を生きる中で辛かったあの頃の私に、「神様ってすごいんやで!」と伝える自叙伝『小心者、神様に出会う』シリーズをゆるりと更新中。