教会と信仰のあれこれ

聖書3読した私の「聖書各書物の感想」③(終)

第一回第二回の続きです!最終回〜〜〜!!
今日もどんどん聖書の各書物ごとに感想を書いていきます。
今回は新約聖書編!
私より聖書を読んでいる方々も、同じぐらい読んだ方々も、初めて触れる方々も楽しんで行ってもらったら嬉しいです!
一応読む前に祈ったりしてちゃんと読めるように努力はしています!😂

📗新約聖書

40.マタイによる福音書
→私の中では『聖書通読レースのスタート地点』と呼んでいる。新約聖書の方が現代に近いから読みやすいって言われたから。イエス様が十字架にかかって亡くなるまでのあれこれが描かれています。感想じゃないな。イエス様とバラバ(囚人。盗賊だった)のどちらを釈放するかのシーンで、今なら「おま、イエス様になんてこと言うんや!」って言えるけれど、当時の場所に私がイエス様をキリストだと悟っている状態で放り込まれたら、この状況を覆せるのか・・・とか色々考えてしまうよね。

41.マルコによる福音書
→イエス様が十字架にかかって亡くなるまでのあれこれが描かれている書物その2。信仰によって救われる人たちの話が印象に残るけれど、他の福音書でもそうだなあって考えるとまだまだ読み込みが足りないよなあ。マルコさんの性格とか少し反映されていると思うんだけれど掴めない・・・。

42.ルカによる福音書
→イエス様が十字架にかかって亡くなるまでのあれこれが描かれている書物その3。個人的には福音書の中ではルカによる福音書が好きなんですよねえ。なんで好きなんだろうね。よくわからないんだけれども(笑)。雰囲気?

43.ヨハネによる福音書
→イエス様が十字架にかかって亡くなるまでのあれこれが描かれている書物その4。この書物は最近牧師さんに教えてもらいました。『他の3福音書はイエス様が大衆に御言葉を伝えられたのに対し、ヨハネによる福音書は1対1の会話の中で伝えられた御言葉が多く記録されている』と。このイエス様に出会った1人1人のように、あなたもキリストに愛されていると感じる書物。

44.使徒行伝
→何気に一番好きな書物かもしれない。使徒たちがイエス様をもっと強力に信じて立ち上がっていく姿がかっこいい!!あとサウロ(後のパウロ)が伝道されてイエス様を信じるシーンもとても好きです。そのあとのパウロの信仰の固さに憧れます。

45.ローマ人への手紙
46.コリント人への第一の手紙
47.コリント人への第二の手紙
48.ガラテヤ人への手紙
49.エペソ人への手紙
50.ピリピ人への手紙
51.コロサイ人への手紙
52.テサロニケ人への第一の手紙
53.テサロニケ人への第二の手紙
54.テモテへの第一の手紙
55.テモテへの第二の手紙
56.テトスへの手紙
57.ピレモンへの手紙
58.ヘブル人への手紙
→パウロが書いた手紙シリーズですね。私ね、結構この「手紙シリーズ」好き。なんて言ったらいいんだろう。粛々とした文章なんだけれど輝いて見える。神様について褒め称えている感じがして眩しい。あと「だから一緒に頑張ろうね」っていうエールも感じられる。それから文量がすごい。当時の筆記用具ってなんですかね?2000年前?羽ペンの誕生が5世紀ぐらいみたいなので、まだ板とかを削っていたのでしょうか?それでこの文量ならすごいな。あ、これ手紙シリーズ全般の感想だなあ。

59.ヤコブの手紙
→ヤコブさんからクリスチャンたちへの激励の手紙。

60.ペテロの第一の手紙
61.ペテロの第二の手紙
→ペテロさんからクリスチャンたちへの激励の手紙。

62.ヨハネの第一の手紙
63.ヨハネの第二の手紙
64.ヨハネの第三の手紙
→ヨハネさんからクリスチャンたちへの激励の手紙。

65.ユダの手紙
→ユダさんからクリスチャンたちへの激励の手紙。イエス様を売り飛ばしたイスカリオテのユダとは別人だということは知っている。総じて手紙シリーズの感想薄いな。

66.ヨハネの黙示録
→何も知らないまま読んでもファンタジー味があって好きなんけれど、少しずつ教えてもらっていると「ほおほお、そうなんだ〜」と思える箇所が増えるから読むたびに楽しくなる一方で、わからないところはほんまにわからないから難しいね。最後の『きたりませ(=来てください)』で終わるのが好きです。いい余韻です。『またメシアがやってくる』から希望と期待に溢れている終わり方なんですよね。好きだわあ。

と、いうことで・・・

祝!完走〜〜〜〜〜〜!!!!!👏

いやあ、書ききれるとは初日には思わなかったな。

📘総括📙

思ったことを書いただけ!(でもそれを感想と呼ぶ)

まだまだ勉強が必要ですね!
特に手紙シリーズが薄っぺらい!!
これからもコツコツと聖書を読んで行こうと思います。
「私はこの書物、こうやって読んでるよ」「この書物はこのポイントがわかったら面白い」とかあったら教えてほしいぐらいです本当に・・・!
まじで2000読した先生、意味わかんねえ。神様のことを知ろうとする投資っぷりがすごいな。10代で働いていない時以外はずっと聖書読んでたり祈ってたりされてたもんなあ。人生における全財産つぎ込んでいるようなもんだもんなあ。そりゃいろんなところから引用できたり、解説できるわけだわ。

ボールは友達ならぬ、聖書は友達を目指して、たくさん学んでいけたらと思います!
あとは「私は頑張って信仰生活しているけれど、その実こんな感じでまだまだペーペーですよ」ってことも伝えたかった。でも神様を心の奥底から信じられるぐらいには聖書学びましたからね!とも言っておこう。だから聖書読み続けるのも頑張ろうと思えるんですよ。うん。

ABOUT ME
denden
denden
神様の次に音楽を愛する関西人。 基本ポジティブでテンションが高い。でも考えは深い(と思いたい)。 座右の銘は『楽しんだもん勝ち』。 人生を生きる中で辛かったあの頃の私に、「神様ってすごいんやで!」と伝える自叙伝『小心者、神様に出会う』シリーズをゆるりと更新中。